株マップ活用特集

第22回:銘柄管理スペース「マイ銘柄」の賢い活用方法!(後編)


前回は株マップ.comの銘柄管理機能「マイ銘柄」の概要について解説した。今回は「マイ銘柄」をさらに便利にするツール群について紹介したい。

<前マイ銘柄/次マイ銘柄>

前マイ銘柄/次マイ銘柄

マイ銘柄に銘柄を複数登録していると、株マップの銘柄分析ページに「前のマイ銘柄」「次のマイ銘柄」というリンクが現れる。このリンクをクリックすると、銘柄コード順に次々と銘柄分析ができる。これは、マイ銘柄に登録している銘柄を横断的にチェックしたいときに便利なリンクだ。銘柄基本情報だけではなく、銘柄診断適時開示情報日柄値幅分析など、銘柄分析ページの全てに採用されている機能なので、気になる銘柄のチャートだけを次々と見ていきたい時などに使うと便利だろう。

<残高管理機能>

残高管理機能

マイ銘柄には残高管理もついている。リストスタイル表示の一番右の「編集」アイコン(編集)をクリックするとウインドウが開き、買いの日付と株価、株数の入力が可能だ。初期表示には出てこないが、「表示項目のカスタマイズ」ボタンから「ステータス」「売買情報」「保有株数」「保有金額」「損益」などの項目にチェックをつけるとそれぞれの項目がリストに現れる。

<損益管理>

損益管理

株数と株価を入力した銘柄のトータルの投資金額は、マイ銘柄ページの上部に表示される。売り株価と株数まで入力すれば、実現した投資まで管理が可能だ。

<ポートフォリオ診断>

ポートフォリオ診断

投資金額や株数の入力を行うもう一つのメリットは、自分の投資に対するポートフォリオ診断が可能なことだ。持っている銘柄の投資金額に応じて、自分の保有銘柄全体で「成長性」「割安度」「企業規模」「テクニカル」「財務健全性」の10段階評価をしてもらえる。

<セクター・ウェイト比較チャート>

セクター・ウェイト比較チャート

セクター・ウェイト比較チャートで、TOPIXと比べて自分のポートフォリオがどのようなセクターに分散されているのかをチェックすることもできる。

<最適化シミュレータ>

最適化シミュレータ

株マップ.comプレミアム会員になると、「最適化シミュレータ」を使用することができる。これはポートフォリオのリスクを最小化し、リターンを最大化するような各銘柄の組み合わせを算出する、クォンツ(金融工学)を駆使したコンテンツだ。こちらの詳しい活用方法は、ページヘルプに詳しいのでこちらを参照して活用して欲しい(プレミアム会員でなくてもページヘルプは参照できる)。

マイ銘柄を活用して、より効率的な銘柄運用を目指して欲しい。

早速「マイ銘柄」を見る!

次回は、「【デイトレ株マップ活用特集(1)】日中足の動きを分析してデイトレードに生かそう」です。

目次

主要指標

日経平均株価
17/08/16 15:15
down
19,729.28円
(-24.03円)
日経平均チャートへ
TOPIX
17/08/16 15:00
down
1,616.00
(-0.21)
TOPIXチャートへ
円相場(USD/JPY)
17/08/17 06:28
down
110.142-110.152
(-0.40%)
円相場チャートへ

株マップファミリーのご案内

Quants Planner

FX株マップ.com

デイトレ株マップ.com

ゲーム株マップ.com

イージー株マップ.com

投信株マップ.com

ETF株マップ.com

株マップ.com Lite

株マップ.comモバイル

3キャリア対応

詳しくはこちら
※ ログイン不要でPC版マイ銘柄と連動。
※ リアルタイム/20分遅れ株価に対応。
※ 基本機能ご利用料金は無料です。
文字サイズ: | |