フィスコ ニュース

このページの使い方

プレミアムウォーターホールディングス

(東証二部 : 2588)PREMIUM WATER HOLDINGS, INC.ホームページへ
前銘柄次銘柄
20分遅れ プレミアムWのデイトレード情報は「デイトレ株マップ.com」へ!
【制度信用】
始値年高 ()時価総額億円
高値年安 ()PER
(%) 安値単元株数PBR
出来高平均売買配当利回%

プレミアムウォーターホールディングス フィスコ ニュース

注目トピックス 日本株/プレミアムウォーターホールディングス---1Qは2ケタ増収・大幅な増益、継続率及び収益性の向上と各種費用の削減を推進

2019/08/14 12:06

*12:06JST プレミアムウォーターホールディングス---1Qは2ケタ増収・大幅な増益、継続率及び収益性の向上と各種費用の削減を推進
プレミアムウォーターホールディングス<2588>は13日、2020年3月期第1四半期(19年4月-6月)連結決算(IFRS)を発表した。売上収益が前年同期比24.8%増の105.92億円、営業利益が同184.6%増の4.37億円、税引前四半期利益が同132.2%増の3.29億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が1.54億円(前年同期は0.73億円の損失)となった。

宅配水事業においては、顧客が宅配水の定期配送サービスを長期にわたって継続的に利用することで安定的な収益基盤の構築に繋がることから、新規契約の獲得に向けて引き続き経営資源を投下する一方、各種付帯サービスの提供率の向上、顧客満足度のためのキャンペーンの実施等の各種施策を通じて1契約当たりの継続率及び収益性の向上に努めた。また、物流費、販売促進費等の増加が利益の押下げ要因となっているが、PETボトル製造工場をはじめとする各工場設備の稼働率の向上による製造原価の低減を実現する一方で、物流費の安定化につながる物流網の構築の推進や商品の出荷方法の変更等による各種費用の削減に努めた。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上収益が430.00億円、営業利益が12.00億円、親会社の所有者に帰属する当期利益が6.00億円とする期初計画を据え置いている。2020年3月期より国際財務報告基準(IFRS)を任意適用したため、日本基準を適用していた2019年3月期の実績値に対する増減率は記載していない。


《SF》
この分析を他の銘柄で実行

「投資のプロも愛用しているプレミアムな株式情報が、投資で闘うあなたの頼もしい相棒となるでしょう!」

「投資のプロも愛用しているプレミアムな株式情報が、投資で闘うあなたの頼もしい相棒となるでしょう!」

主要指標

日経平均株価
19/12/13 15:15
up
24,023.10円
(+598.29円)
日経平均チャートへ
TOPIX
19/12/13 15:00
up
1,739.98
(+27.15)
TOPIXチャートへ
円相場(USD/JPY)
19/12/14 06:39
up
109.343-109.353
(+0.04%)
円相場チャートへ

株マップファミリーのご案内

チャットボット

Quants Planner

FX株マップ.com

デイトレ株マップ.com

イージー株マップ.com

投信株マップ.com

ETF株マップ.com

株マップ.com Lite

株マップ.comモバイル

3キャリア対応

詳しくはこちら
※ ログイン不要でPC版マイ銘柄と連動。
※ リアルタイム/20分遅れ株価に対応。
※ 基本機能ご利用料金は無料です。
> >

>

2588 プレミアムウォーターホールディングス

文字サイズ: | |