フィスコ ニュース

このページの使い方

リネットジャパングループ

(東証マザーズ : 3556)RENETJAPANGROUP, INC.ホームページへ
前銘柄次銘柄
20分遅れ リネットJのデイトレード情報は「デイトレ株マップ.com」へ!
【制度信用】
始値年高 ()時価総額億円
高値年安 ()PER
(%) 安値単元株数PBR
出来高平均売買配当利回%

リネットジャパングループ フィスコ ニュース

マザーズ市況/マザーズ指数は5日続落、リスク回避の売り先行、総医研ストップ高

2019/05/14 16:21

*16:21JST マザーズ指数は5日続落、リスク回避の売り先行、総医研ストップ高
 本日のマザーズ市場は、売りが先行し軟調な展開だった。13日の米国市場でNYダウが617ドル安と今年2番目の下げ幅を記録し、本日のマザーズ市場ではリスク回避目的の売りが広がった。マザーズ指数は朝方に850pt近辺まで下落する場面があった。米中通商協議を巡るトランプ米大統領の楽観的な発言が伝わると、マザーズ指数は日経平均とともに下げ渋ったが、本日の始値近辺で戻り一服となった。なお、マザーズ指数は5日続落、売買代金は概算で1010.66億円。騰落数は、値上がり80銘柄、値下がり196銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ<4385>やサンバイオ<4592>が軟調。決算発表のログリー<6579>やリネットジャパン<3556>は急落し、中国子会社で不適切な会計処理の疑いがあると公表したMTG<7806>も売りがかさんだ。また、BS<3623>やロジザード<4391>、遺伝子治療薬の発売延期を発表したアンジェス<4563>はストップ安水準まで売られた。一方、オンコリス<4588>やALBERT<3906>は反発。決算が評価された弁護士コム<6027>は急伸し、グッドスピード<7676>と総医研<2385>はストップ高水準で取引を終えた。
《HK》
この分析を他の銘柄で実行

投資家のための銘柄分析・検索サイト「my株」提供開始!

投資家のための銘柄分析・検索サイト「my株」提供開始!

主要指標

日経平均株価
19/06/17 15:15
up
21,124.00円
(+7.11円)
日経平均チャートへ
TOPIX
19/06/17 15:00
down
1,539.74
(-6.97)
TOPIXチャートへ
円相場(USD/JPY)
19/06/17 16:16
up
108.566-108.569
(+0.02%)
円相場チャートへ

株マップファミリーのご案内

チャットボット

Quants Planner

FX株マップ.com

デイトレ株マップ.com

イージー株マップ.com

投信株マップ.com

ETF株マップ.com

株マップ.com Lite

株マップ.comモバイル

3キャリア対応

詳しくはこちら
※ ログイン不要でPC版マイ銘柄と連動。
※ リアルタイム/20分遅れ株価に対応。
※ 基本機能ご利用料金は無料です。
> >

>

3556 リネットジャパングループ

文字サイズ: | |