フィスコ ニュース

このページの使い方

東京精密

(東証一部 : 7729)TOKYO SEIMITSU CO., LTD.ホームページへ
前銘柄次銘柄
20分遅れ 東京精のデイトレード情報は「デイトレ株マップ.com」へ!
【貸借】
始値年高 ()時価総額億円
高値年安 ()PER
(%) 安値単元株数PBR
出来高平均売買配当利回%

東京精密 フィスコ ニュース

注目トピックス 経済総合/2019年の注目テーマ-インドで活躍する日本企業、SMBC日興証券(花田浩菜)

2018/12/27 11:42

*11:42JST 2019年の注目テーマ-インドで活躍する日本企業、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

12/27付の「DailyOutlook」では、インド関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『米国発の株安がきっかけで世界に動揺が広がる中、米中景気の影響を相対的に受けにくいのがインドだ』と伝えています。

続けて、人口は約13億人で世界第2位であることを挙げ、『内需中心の経済成長が期待できる。IMF(国際通貨基金)によれば経済規模(ドル建て名目GDP)は、2019年にイギリスとフランスを抜いて世界第5位に浮上するとみられている。また、2017年の1人あたりGDPは2005~06年ごろの中国の水準に相当し、更なる成長余力を有しているといえよう。2014年に誕生したモディ政権は数々の経済改革を実施してきた。一方、原油の純輸入国であるため、今年は原油高に悩まされてきたが、10月初め以降の原油価格の急落を好感し、株式市場、通貨ルピーともに反発に転じている』と分析しています。

さらに、『このように経済成長が著しく、かつ潜在的な市場規模が大きいインドにおいて、存在感を示している日本企業は少なくない。最も代表的な企業は四輪車市場で高いシェアを誇っているスズキであろう。また、新興国では二輪車の需要が高く、二輪関連の部品メーカーも活躍している。新興国では自動車や住宅市場が拡大するが、それらの塗料のニーズも高まる。関西ペイントは売上高の2割強がインド向けだ(2017年度実績)。一年中気温が高いインドでは、住宅の伸びとともにエアコン市場も拡大中。最後に人口大国のインドは紙おむつ普及のポテンシャルが大きいが、ユニ・チャームは34%の市場シェアを誇る(2016年)』とまとめています。

最後にレポートでは、『主なインド関連銘柄』を紹介しています。具体的にはアカツキ<3932>や日本ライフL<7575>、東京精<7729>など全14銘柄が挙げられていますので、詳しくは12/27付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》
この分析を他の銘柄で実行

投資家のための銘柄分析・検索サイト「my株」提供開始!

投資家のための銘柄分析・検索サイト「my株」提供開始!

主要指標

日経平均株価
19/06/19 15:15
up
21,333.87円
(+361.16円)
日経平均チャートへ
TOPIX
19/06/19 15:00
up
1,555.27
(+26.60)
TOPIXチャートへ
円相場(USD/JPY)
19/06/19 16:33
down
108.371-108.374
(-0.08%)
円相場チャートへ

株マップファミリーのご案内

チャットボット

Quants Planner

FX株マップ.com

デイトレ株マップ.com

イージー株マップ.com

投信株マップ.com

ETF株マップ.com

株マップ.com Lite

株マップ.comモバイル

3キャリア対応

詳しくはこちら
※ ログイン不要でPC版マイ銘柄と連動。
※ リアルタイム/20分遅れ株価に対応。
※ 基本機能ご利用料金は無料です。
文字サイズ: | |