株マップ活用特集

株マップ活用特集!
「株マップ.comのコンテンツをどう使ったらいいか判らない」「株マップのコンテンツが難しく、使いこなせない」というユーザの声にお応えして、具体的な株マップの活用方法を月2回のペースでお送りします。

第27回:デキる投資家は複数口座所有が当たり前! 本気の証券口座比較サイトオープン


株式投資をする上で必ず必要なのが証券口座。昔ながらの窓口や電話対応だけではなく、最近はネット専業の証券会社も増え、手数料やサービスの質を競い合っている。それぞれの会社がそれぞれのサービスの紹介を積極的に行っているが、結局どの証券会社が本当に良いのか、迷ったことはないだろうか。

株マップ.comでは1月24日、そうした証券口座選びから口座開設までを一貫してサポートするページをオープンした。それが「証券口座比較サイト」だ。今回はこちらのページの紹介を行いたい。

証券口座比較サイト

■ 投資家の生の声を反映したアンケート結果

まず、トップページでは実際の投資家の方々にインタビューを行った結果を表示している。「ひとり平均何口座所有しているのか」や、所有している証券会社名、証券会社選びのポイントや、メイン口座にしている理由など、投資家の生の声が反映されており、非常に興味深いデータだ。

投資家アンケート

これを読むと、証券口座として求められているポイントがハッキリする。ツールを使いこなし、リスクを分散するためにいかに複数口座を所有していることが大切なのかがわかるだろう。

■ 様々な評価ポイントから定量的に証券会社をランキング

そして、このページの最大のポイントは150項目以上にわたって、各証券会社の特徴を調査し、ランキング化しているところだ。大きく分けると以下の7つの項目がある。

詳細な項目比較

詳細は見ていただけるとわかるのだが、各証券会社の特徴が一目瞭然だ。それぞれの詳細項目で評価できる箇所をポイント化し、その合計点でランキングしているため、よくある証券会社のランキングでみられるような「どうしてそうなるの?」という疑問を差し挟む要素が一切ない。

データは定期的に自動更新される。もちろん、情報比較のページなどで、株マップ.comで表示しているクォンツスコアなどが見られるかどうかも見ることができるので要チェックだ。

■ ワンストップで資料請求・口座開設

ランキングのページで自分にとって良さそうな条件の証券口座を見つけたら、その証券会社のロゴや、「資料請求・口座開設」ボタンをクリックだ。すぐに証券口座を開設するための申込みが可能となる。最近の証券会社では、郵送による書類のやりとりを省き、オンライン上で完結するところも増えてきた。もちろん資料請求・口座開設にかかる費用は無料なので、気軽に資料請求を行ってみて欲しい。

次回は、「株式トレンドマップ」よりも更に自分だけの分析が可能な「ファクタートレンドマップ」を紹介する予定だ。

★ 早速「証券口座比較サイト」を見る!

目次

PR情報

【カブドットコム証券】リスク管理追求型取引ならカブコムで。私たちはMUFGです。
【低コスト:FX取引手数料0円(無料)×ネット証券最低水準のスプレッド】
●手数料0円!しかも、スプレッドは主要ネット証券トップクラスの狭さで、
サービス開始以来スプレッド幅が拡大したことがない安定性を誇ります。

主要指標

日経平均株価
17/01/24 15:15
down
18,787.99円
(-103.04円)
日経平均チャートへ
TOPIX
17/01/24 15:00
down
1,506.33
(-8.30)
TOPIXチャートへ
円相場(USD/JPY)
17/01/25 00:09
up
113.031-113.041
(+0.26%)
円相場チャートへ

株マップファミリーのご案内

FX株マップ.com

デイトレ株マップ.com

ゲーム株マップ.com

イージー株マップ.com

投信株マップ.com

ETF株マップ.com

株マップ.com Lite

株マップ.comモバイル

3キャリア対応

詳しくはこちら
※ ログイン不要でPC版マイ銘柄と連動。
※ リアルタイム/20分遅れ株価に対応。
※ 基本機能ご利用料金は無料です。
文字サイズ: | |