株マップ活用特集

第1回:テクニカル分析で勝つには、2つの「ツボ」を押さえよう −基本編−


テクニカル診断の画面

テクニカル分析というと、難しいものと考える人が多いが、乱暴に言えば、2つの「ツボ」を押さえるだけでOKだ。

それは、

  1. 株価のトレンドに乗る
  2. または、
  3. 行き過ぎた株価の反動を捉える

の2つだ。

1は「順張り」と言われ、大まかに言えば、上がっている株を買えばいいことになる。
2は「逆張り」と言われ、下がっている株を買えばいいことになる。

はあ?上がっているのがいいのか、下がっているのがいいのか、どっちなんだ、と思うだろう。 そこで、1と2の観点から買ってよさそうなテクニカルの形を考えると、例えば、こんな形になる。

「上昇トレンドを描いていて、過熱感も出ていないため、上昇が続きそう。」
「上昇トレンドを描いているが、株価が一時的に反落していて、反騰しそう。」

<上昇トレンドでの反落の例>

上昇トレンドでの反落の例

ただ、より「逆張り」にフォーカスを当てるなら、こういう形も「アリ」だ。

「下降トレンドだが、あまりにも株価は急激に下がりすぎ。一時的な反騰が見込めそう。」

<下降トレンドでの反騰の例>

下降トレンドでの反騰の例

株マップの「テクニカル分析」では、上記の2つの「ツボ」でテクニカル分析の結果を見ることができる。

テクニカル分析の画面の一番上には、「テクニカル診断」が表示される。

<【テクニカル診断】の画面>

テクニカル診断の画面

ここでは、「順張り指標」「逆張り指標」について、診断結果があたかもアナリストの診断コメントのように表示される。お分かりと思うが、「順張り指標」が1、「逆張り指標」が2をあらわしている。

しかも、その状態が、天気予報で表されているので、診断結果の評価が一目瞭然だ。
天気は、「超強気」「強気」「やや強気」「中立」「やや弱気」「弱気」「超弱気」の7段階。
「強気(晴れ)」は「買い」で、「弱気(雨)」は「売り」と判断すればよい。

では、この診断結果がどういったケースになれば、実際に買っていいのか、それは、次回の活用法で説明したい。

早速「 6758 ソニー 」のテクニカル診断を見る!

第2回:テクニカル分析で勝つには、2つの「ツボ」を押さえよう −実践編−

目次

主要指標

日経平均株価
17/11/22

22,523.15円
(---円)
日経平均チャートへ
TOPIX
17/11/22

1,777.08
(---)
TOPIXチャートへ
円相場(USD/JPY)
17/11/24 09:17
up
111.338-111.348
(+0.12%)
円相場チャートへ

株マップファミリーのご案内

Quants Planner

FX株マップ.com

デイトレ株マップ.com

ゲーム株マップ.com

イージー株マップ.com

投信株マップ.com

ETF株マップ.com

株マップ.com Lite

株マップ.comモバイル

3キャリア対応

詳しくはこちら
※ ログイン不要でPC版マイ銘柄と連動。
※ リアルタイム/20分遅れ株価に対応。
※ 基本機能ご利用料金は無料です。
文字サイズ: | |